施設警備

施設警備とは? 

施設警備業務とは警備する業者や警備員が依頼者の施設などの管理権を民事契約に基づいて事故などの発生を警戒・防止する業務のことです。施設警備業務は日本だけでなく海外で最も歴史が古くメジャーな警備業務です。施設警備業務は大きく分けて常駐警備、巡回警備、機械警備の3種に分かれます。 
 
●常駐警備
常駐警備とはオフィスビルやショッピングモール、レジャー施設などの建物に警備員を常駐させ、その建物の出入管理や建物内を巡回する警備業務を実施し、盗難などの事故を警戒し防止する業務のことです。特殊な警備形態としてはスーパーやデパートなどで商品盗難の防止や警戒する業務などもあります。なお出入管理業務では人の出入り管理の他、物品や車両の出入管理をします。 
 
 ●巡回警備
巡回警備とは先の常駐警備のように警備員は常駐しないが、警備する対象施設や指定区域内を盗難や火災などの事故発生がないかどうか車両等で巡回し、安全を点検や被害の最小化を目的とする業務のことです。巡回警備は巡回経路のパターンに沿って巡回する方法と予定時間に合わせて巡回する方法の2種類があります。

(機械警備業務については警備形態が施設警備業務と大きく異なるため、また別の区分になります。)